無料カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フジロック 7月29日

ついにフジロック最終日。



今日もひたすら暑い一日。


会場は、RADIOHEADのTシャツを着ている人々がいっぱい。



そうだよね。


だって、今日のグリーンステージの締めくくりはRADIOHEAD。

フジロックでRADIOHEADが観れるのだ。


きっと、RADIOHEAD観たさに、
初フジロックのお客さん、たっぷりいるに違いない。



ちなみに私も、今日のお目当てはRADIOHEAD。



本当は前の方で観たいが。


お客さんにギュウギュウされて、酸欠になるのを避けるため、
後ろのスペースに椅子を置いて、早めに場所を確保する。
(以前、ライジングサンで東京事変を前列で観た時、失神しかけた事が)


基本的にはグリーンステージでまったりしつつ、
RADIOHEADが始まるまで、時々あちこち歩き回ったりした。




井上陽水はグリーンステージで「リバーサイドホテル」を歌っていた。


井上陽水とフジロック。
意外だと思い込んでたけど、不思議とマッチしていた。


懐かしい空気が包んでいるような、そんな気分。




少してくてく歩いて、ホワイトステージでは「FUKED UP」というバンド。

ボーカルの方がドタバタ暴れてステージから降りて、
お客さん、キャーキャー言って、かなり盛り上がっているようだった。



再びてくてく歩く。



フィールドオブヘブンでは、加藤登紀子がノリノリでジョンレノンを歌っていた。

昨日はアヴァロン、今日はフィールドオブヘブン。


おときさん、すごいフジロックを楽しんでいるって顔をしていて、
素敵な女性だと思った。



さらにてくてく歩いて、ジプシーアヴァロンへ。

ゴジラ・放射能・ヒカシューのライブが始まっていた。


かなり面白い。

でも、深い。


最初から観たかったです。





少々ヘトヘトになってきたので、グリーンステージに戻る。


お腹も減ったので、ご飯を軽く食べたりしていたら、
ELVIS COSTELLOのライブ。


彼を知ったのは、BART BACHARACHとのコラボCD
「Painted From Memory」

バカラックサウンドに、コステロがボーカルのアルバム。


不思議な声のお方だなって思っていたのだ。




渋くて、かっこよかったです。





ついにRADIOHEADのライブ!


気が付いたら、お客さんがたっぷり状態。
(そりゃそうだ)


グリーンステージには、大きなスクリーンが複数あるが...


かなり後ろの方にいたので、ほとんど見えず。
(どよよーん)

かなり後ろの方にいたので、音がぼやけて聴こえた。
(またまた、どよよーん)



ライブはニューアルバム「The King Of Limbs」中心に、
今までの曲達も含めつつ演奏してくれた。




以前観たライブでもそうだったが、MCでトムが話す日本語が面白い。
(ウケねらいなのかは、謎)



ライブの後半になると、お客さん達が帰り始めたので、

ヨッシャー!

...と思い、前の方に、ズンズン歩いていく。


ついに、真ん中くらいの位置までたどり着く事ができた。




ああ、音がよく聴こえるよ!

ステージが見えるよ!



うおおおー!!
(心の中で叫んでいる)






そんなこんなで、今年もフジロック終了。



RADIOHEADのライブ終了の頃だったろうか。


雨がザワザワ降ってきた。

急いでポンチョを取り出す。


過去のフジロックでは、当たり前のように雨が降ったり止んだりした。
その度に、ポンチョを着たり脱いだりした。
(だいぶ慣れたが)


でも、今回は最後の一回だけ。



なぜだろう、不思議。


今年初ポンチョを着れて、ちょっぴりうれしくなってしまった、
YUKINKOであった。
(雨はあまり降ってほしくないですが)




おしまい


307.jpg

308.jpg

309.jpg

306.jpg


310.jpg

スポンサーサイト

フジロック 7月28日 パート2

ROVOを観たいので、ホワイトステージへ。


VJの迫田さんが抜けたROVOって、どうなんだろうか、
と少々不安もあったのだが...。

そんな心配していた私は、おバカさん。


トラッド風味の曲もあって、メチャメチャかっこよい!

勝井祐二のエレクトリックヴァイオリンが、
テンションをぐんぐんアップさせてくれる。


思わず、ゆらゆら踊ってしまう。


後ろを振り返ったら、人がたっぷり、びっしり!


ツイッターで知ったのだが、なんと15000人集まったそうな。


ROVOは3年前に、フィールドオブヘブンで観たけども、
その時より断然かっこよかったです。



次はグリーンステージで観たいな。








次はCARIBOUを観るため、そのままホワイトステージでまったり。

椅子に座って、ちょっぴり仮眠する。
(持ち運びは大変だけど、あるとかなり楽)

しばらくして、お客さんの歓声で目が覚める。

CARIBOU登場!


CARIBOUは、YOUTUBEで軽くチェックした程度。
でもうまく言えないけど、何となく気になっていたのだった。


CARIBOUはダン・スナイスという方のソロプロジェクトで、
ライブはバンド編成で行うらしい。



実際観て思った事。


ポップで聴きやすい。

聴きやすいけど、心地よく、ひねくれている感じ。
(いい意味で)



CDを買いたくなりました。







その後、グリーンステージでTHE SPECIALSを観る。

スカにパンクなどをミックスした音楽、との事です。

全く知らないバンドでしたが、メチャメチャかっこええ!


ステージには、THE SPECIALSの白いロゴが、ででーん!
と映し出されていて、それをバックに演奏していました。


かっこええ!!
(うるさいってば)


あまりにかっこよかったので、数日後にベスト盤のCD買いました。


出来ればまた、フジロックに来てほしいです。




その後、苗場食堂の前でご飯をムグムグしつつ、
ライブを観る予定だったが。

ご飯を食べたら、ひたすら睡魔がおしよせてきて、
ほとんど観れず。
(とほほ)

あきらめて、宿に帰る事にした。


越後湯沢駅行きのシャトルバスは、適度に混んでいた。

列に並んでいる間、睡魔が最高潮!
立ったまま、ぐー すぴぴー。

並んでいる方々に迷惑をおかけしてしまった。
(ごめんなさい)

眠ったまま、移動出来たらよいのにな。


そう思った、YUKINKOであった。
(無理だってば)




フジロック 7月29日に続く

フジロック 7月28日 パート1

どよよーんな気持ちは抜けないが、そろそろ気持ちを切り替えねば!
(詳細は、ひとつ前のブログをどうぞ)


越後湯沢駅に向かい、フジロック行きのシャトルバスの列に並ぶ。


天気は、ひたすら快晴。

太陽の熱、チクチク痛い。


スタッフの方、列のまわりにパシャパシャ。

打ち水してくれた。


その時、一瞬だけ虹が見えた。

きっと良い事があるにちがいない。


ちょっぴり、うれしくなった。
(単純女、YUKINKO)




そして、ついにフジロックに到着!

301.jpg




まずは昼ご飯を食べるのだ!


ビール、グビグビ。

豚汁、ムグムグ。

冷やしキュウリ、パリポリ。



あー!

し・あ・わ・せ!!



豚汁の汁をグビグビ。

...はっ!!


汁がこぼれて、髪の毛にパシャリ。


がびーん

がびーん


....こうなったら、豚汁の香水でもつけたと思おう。
(そんな香水ないってば)


お腹がいっぱいになったので、あちこち、てくてく歩く。

ホワイトステージでは、MONO with The Holy Orchestraのライブ。

MONOは、ライブイベントで一回だけ観た事があるが、
オーケストラが入ると、また印象が違う。


ジプシーアヴァロンに行く。

この場所は、ゆったり観れるイメージだったが。
なぜだろう、異様に混み合っていた。

よくよく見たら、加藤登紀子が歌っていた。

なるほど、納得なのだ。


オレンジコートでは、ONDA VAGAという方々のライブ。

この場所も、ゆったり観れるイメージだったが。
人がギュウギュウ状態。


今回のフジロックのチケットは、
27日の一日券以外、すべて完売だそうだ。

混み合っていて、当然なのだ。

とほほ。


304.jpg

305.jpg



フジロック 7月28日 パート2に続く

7月28日 フジロック前の出来事

フジロックは4回目の参戦なのだ。

今回は7月28日、29日の2日間。


毎回雨が多いのだか、今回はひたすら快晴!

日ごろの行いが良いからであろう。
うひひ。
(これこれ)




まずは、28日から。


フジロックに行く前に、以前行った事のある「魚沼市今泉博物館」へ向かう。

一番の楽しみはフジロックだが、この博物館へ行ける事も
めちゃめちゃ楽しみであった。



普段、博物館に行かない私が、自分でもびっくりしちゃうくらい
気に入った空間.....

だった。


ここは、パプアニューギニアの神像や、世界のお面、人形など、
色んなワクワクをたくさん詰め込んだ、マニアックな博物館.....

だった。




到着して、びっくり。

博物館の敷地内に、道の駅が出来ていた。



敷地が広いし、いいと思う、うん。

博物館をゆっくり堪能してから、眺めるとしようかな。


そして、念願の博物館へ。




...あれ?

あれれ??


建物は一緒みたいだけど、何かが違うような。




「あ、あの、この場所は、パプアニューギニア関係で有名な博物館ですよね...?」

受付の女性
「あ...はい。実は最近リニューアルしまして。昔の展示品は少しだけになります」





がびーん


がびーん


がびーん
(ひたすらリピート)




がっびーん....
(しつこいってば)



さっきまでの私の心。
雲ひとつない青空、飛びまわるウサギたち。


今の私の心。
ひたすら大雨。 ざぶん、ざぶん。



よくよくチケットを見たら、「今泉記念館」に名前が変わっていた。


とりあえず、眺めよう。



てくてく歩くと、棟方志巧の作品が、ずらり。


すごい有名なお方なのは知っている。


でも、もはや見ようという気力がなくなってしまった。



旧今泉博物館時代の展示物は、端っこの方に、こじんまりと飾られていた。



しばらくその場所に立ち止まって、センチメンタルな気持ちを味わっていた、
YUKINKOであった。



とほほのほ。




続く

フジロック3日目

8月1日


126.jpg



ついにフジロック最終日である。

宿の清算を済ませて、シャトルバス乗り場へ向かう。


今まで最終日は、さほど並ばずにバスに乗れた
イメージがあったが...

今回は違った。


おそらくATOMS FOR PEACE目的で
今日のみ参戦の方々がいらっしゃるのだろう。

私も観るつもりだ。
えっへん。


そんな事を思いつつ、ポケ~としながら
並んでいたら、ひたすらデッカイ蜂が
ブンブンと自慢げに飛びまわっていた。

困ったものである。



そんなこんなで数時間後、
会場に到着!


129.jpg



明日から仕事というのもあるし、
体力をなるべく使わずに
マッタリしようっと!



そんな訳で、グリーンステージの後ろの方で

ご飯をムグムグ
ビールをグビグビ

眠くなったら
グゥ~ スピピ~


今回でフジロック3回目だが、
ここまでマッタリな過ごし方は
初めてである。

こんな日も、あって良いと思う。

う~ん
し・あ・わ・せ!


少し散歩でもしようと あちこち歩いていたら、
1日目に観た、JAGA JAZZISTのメンバーらしき
お方とすれ違う。

うわ!
声かけたい!


でも英語できないので、あきらめる。
(ダメダメ女、YUKINKO)


適度に散歩したので、再びグリーンステージに行き、
ビール飲みつつ またもやマッタリ。

そしたら、ひたすらデッカイ蜂がブンブ~ン。
しかも、私の手にポテッ!と乗っかってきたぞ!


うひい~!!



ふい~っ
ふい~っ

と、軽やかに(内心あせりつつ)
息を吹きかけてみた。

どうやら蜂は、私の息にメロメロだったらしい。

ふらふらしながら、飛んで行ったのだった。


蜂ににモテモテな日だなあ。
(これこれ)




そんなこんなで時間が経ち、
ついにATOMS FOR PEACE登場!






本当は前の方で観たかったけど、
満員電車キョーレツバージョンを恐れ、
かなり後ろの方で眺めていた。

もちろんだが、後ろなのでステージほとんど見えず。

グリーンステージには巨大スクリーンがあるので、
それを眺めながら楽しんでいた。


ライブは、トムヨークのソロアルバム
「THE ERASER」が中心。






おおお! 



かっこええ...!!

ステージのバックでは、
光がユラユラ、ドワ~!

まるで激しい波みたい。


「THE ERASER」の曲は、どちらかというとクールな印象。
でも、ATOMS FOR PEACEとしての「THE ERASER」は、
熱を帯びていて、新鮮でドキドキ。


その後、トムヨークのソロコーナー。
RADIOHEADの曲を数曲、ゆったり歌う。

私の好きな「VIDEOTAPE」も歌ってくれて、
うははのは~!!







時間には、限りがあるのものだ。


まだライブ途中だが、もう帰らねばならない。
(翌日お仕事なんで)

どよよ~ん



トムのソロが終わり、再びATOMS FOR PEACEとしての
ライブが始まったようだ。


耳でライブを楽しみながら
(でも切ない)

会場を出る。



帰りの新幹線で越後ビールを飲みつつ、
おつまみをムグムグ。


ああ、切ない。

切ない...





数十分後


グゥ~ スピピ~
(またまた眠っている)


130.jpg

132.jpg



来年も、フジロックの空気に包まれたいな。








おしまい





拍手お返事です↓
お返事です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。