無料カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010/03/25

3/20・21 KLAUS SCHULZE Japan Live 2010
東京国際フォーラム

行って来ました。




クラウス・シュルツェを知ったのは、おそらく2~3年前です。

初めて聴いたのは 「blackdance」

不気味にウネウネしていて、恐ろしくて、美しい音楽!
と、ビックリした記憶があります。



今回、意外にも初来日らしいです。


好みが分かれるであろう音楽かもですが、
なぜか場所は国際フォーラム。

お客さんがたくさんいる事や、
客層が幅広い事にもビックリです。


ステージ中央には、機材がデデンと積まれていて、
まるで真夜中のオフィスのよう。


気になるところは、いくつかありましたが、
生のクラウス・シュルツェを堪能出来て、良かったです。


ギターを使って、ミョ~ンという怪しげな音を出していたり、
グワワ~!っと盛り上がる瞬間が、特にかっこよいと思いました。
(言葉が乏しくて、すいません)




ご高齢の方ですが、お客さんに投げキッスしている
お茶目なクラウス・シュルツェ。


ダークなサウンドの中、スクリーンに数分映し出された
「くつろぎ」の文字。


休憩時間に流れていた音楽は、なぜかデヴィッド・シルヴィアン。
(好きだから、うれしいですが)




色んな意味で楽しい、そして貴重な2日間。



蝋人形館にいる、若かりしクラウス・シュルツェに、
久々に会いに行きたくなりました。













拍手お返事です↓


スポンサーサイト
お返事です

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。