無料カウンター

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

瀬戸内国際芸術祭 パート8

221.jpg

10月29日(金) つづき





フェリーで女木島へ

222.jpg




鬼ヶ島大洞窟、入口

223.jpg




サンジャ・サソ「鬼合戦、あるいは裸の桃の勝利」

224.jpg

230.jpg

226.jpg

227.jpg


作品と、洞窟に映った影を合わせて
一つの作品みたいに感じました。

美しい。



洞窟を抜けて、てくてく歩いていたら、
素敵な景色がお目見え。



うは~!
うは~!


写真を撮ろうとデジカメを取り出し、
電源をオン!


ん?


電源をオン!





....あれれ?


どうやら充電切れのようだ。



どよよ~ん


そんな訳で、ここからは携帯のカメラでパシャリ。

231.jpg


ああ、この景色を眺めながら、あったかいコーヒーを
フーフーしながら飲みたい。
(猫舌なんです)





すばらしい景色を堪能した後、福武ハウス2010へ向かう。

そしたら、地元の男性に声をかけられる。



銀杏を焼いて、色んな方々に配っているようだ。

焼いた銀杏は初めてなので、思わず一つ頂いてみる。




ぱくり



ん~、ホクホクしていて、んまい!




「福武ハウス2010」

232.jpg


この中は撮影禁止なので、写真が撮れず残念。



一番見入った作品は、
ビル・ヴィオラ「トランスフィギュレーション/ヘレナ」


真っ暗な部屋の中、2つのモノクロ映像作品。



一つは、ロングヘアの小さな少女

一つは、ベリーショートの女性




左右で映像が流れていたので、中央に立って、
それぞれの映像を眺めていました。


緊張感漂う暗い空間の中、
密やかに生命の神秘を感じました。





さて、次の場所に移動するのだ!




わくわくしながら道をうろうろしていたら、


現地のスタッフさん
「もう少しで高松行きフェリーが出るよ!乗り遅れたら、あと4時間は来ないよ!」





なぬっ?!


大変じゃ!




フェリー乗り場の方向を教えてもらい、
ぱたこら、ぱたこら。

ひたすら走る。




何とか無事到着し、フェリー乗り場の列に並ぶ。


空は、とても素敵な色をしていた。
(写真からは伝わらないかもですが)

233.jpg


フェリーの中で今日の夜ご飯をどうするか考えていたら、
ざっぷん、と睡魔が押し寄せてきて、大爆睡。



いつの間にか、高松に到着。



とりあえず駅周辺をうろうろしていたら、
居酒屋の店員さんと目があってしまったので、
そのまま店内へ。
(小心者女、YUKINKO)




ビールぐびぐび、お刺身むぐむぐ。


ふい~い。
(心地よくなっている)



少ししたら女性のお客さんが2人入ってきて、
私の横に座った。


カメラを持っていたので、私と同じ目的の旅行者の方だと思い、
声をかけてみる。


どんな作品達を観に行ったのかなど、色々お話を聞いて、
さりげなく情報収集。
(これこれ)




だいぶ酔いが回ってきたので、そろそろ帰ろう。


お互い、良い旅を!


そう言いあって、居酒屋を出る。




そして何となく本屋に行き、
水木しげるの「悪魔くん」を買う。

そして何となくコンビニに行き、
さぬきビールを買う。



宿に帰り、「漆の家プロジェクト」で頂いた
みかんをむぐむぐ。

ビールを、ぐびぐび。


よし、約束は果たしたのだ!
(詳細は、瀬戸内国際芸術祭 パート7をどうぞ)

229.jpg



少しだけ酔いを覚まして。

水がなかなか出ない、ご機嫌斜めのシャワーを浴びる。



明日はついに、一人旅のクライマックス。




おやすみなさい。







つづく
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。