無料カウンター

2009/11/05

11/1 恵比寿リキッドルームで De La FANTASIA という
音楽イベントに行ってきました。


Laura Gibson with Ethan Rose
中納良恵(from EGO-WRAPPIN')
原田郁子(from clammbon)
Hanne Hukkelberg



Laura Gibson with Ethan Rose

全く知らない方々でした。
事前にリサーチしていなかったんで、どんな音楽性なのか
気になっていました。

最初はLaura Gibson のソロ。
ギターを弾きつつ、魅力的な歌声を披露していました。


参りました。
良いではないか。



途中からEthan Roseが参加。

演奏中に、楽器の音色や マイクを軽くポンポンたたいた音などを
サンプリングし、生演奏とキレイに交ざり合わせていました。

ハーモニカ、ピアニカ、ギター、レインスティック、キーボード、鈴など、
心地いタイミングで使い分けていて、
Laura Gibsonのボーカルが素敵に馴染んでいました 。

一部の楽器は、演奏中に2人で手渡しで交換してました。
(何だか微笑ましい)



温かみとセンスを感じるライブ。

私のツボをエイッ!って久々に押された気分。


CD、間違いなく買います!!











中納良恵(from EGO-WRAPPIN')

EGO-WRAPPIN'は、
昨年のライジングサン(北海道で行われる音楽フェス)
に行った時に初めて観ましたが。

とってもテンション高くて、とにかくパワフル!
野外なので、お客さんがあちこちで踊っていて、
彼女は磁石のような方だ、と思っていました。


今回は、一人ピアノでしっとりと弾き語り。
前回とは全く違う空間で、彼女は歌ってました。

後半はドラムが加わって、テンションが上昇。

中々楽しいライブだと思いました。



原田郁子(from clammbon)

clammbonは有名なんで、名前は知っています。
でも恥ずかしながら、曲を全く知りません。

今年のフジロックで参加していましたが、時間の都合上、
帰りながら軽く耳にした程度。
(すみません)


今回は一人でピアノを弾き語り。
歌の表現が魅力的で、ピアノが上手なお方だと思いました。
後半にギターが加わって、サウンドがまろやかに変化。

天然トークも、彼女の魅力なのだと思いました。



Hanne Hukkelberg

今回、一番観たかったアーティスト。
ノルウェー出身の女性シンガーソングライターです。

彼女の音楽性がとにかく 大好きで、大好きで。


彼女の音楽を知ったきっかけは 2~3年前に、家の近くの喫茶店で。

その頃は かなり無名だったらしく、ネットで色々探しても
日本語の情報サイトがあまりにも無く。
CDを購入しようとモバイル注文するが、約2ヶ月後に廃盤のお知らせが。
(あの時は、かなりショックでした。 くすん。)

今はさほど問題なくCDが手に入るようになって、ありがたい。


少しずつ知名度も上がってきたし、そろそろ初来日するのでは...

そう思ってた時に調べたら、今日のライブを知ったのです。


私の直感って、すごい。
(何のこっちゃ)



彼女は水色のワンピースで登場。

私のおめめ、いきなりウルウル状態に!


ニューアルバム「Blood From A Stone」中心のライブ。

今回のアルバムは今までのイメージ(どちらかと言えばエレクトロニカ)
とはガラリと変えて、ロックを意識したと思われるアルバムのためか、
ライブも力強い感じだと思いました。

CDでは色んな音を重ねてましたが、 ライブでは比較的シンプル。
(今回、hanne含め ドラムとギターの3人編成なのもあるかもだが)


でも、大好きな「The North Wind」「Solt Of The Earth」が聴けて感激。


次回来日する時は、少し人数や楽器を増やしての
ライブが観たいなと思いました。
(わがまま女)














スポンサーサイト